あの日のぼくら

更新のお知らせやコメントのお返事など。
2020年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年04月
TOP小ネタ ≫ メリークリスマス!

メリークリスマス!

クリスマスということで!
燈莉さんに超可愛いミニスカサンタ亜子をいただきましたうへへ! →こちら

というわけでそれに合わせたクリスマス小ネタです。
おまけで王子様も。

***

(あなたの)

「ゆーくんメリークリスマス! ね、ね、見てこれ見てこれ! かわいいでしょ、似合う? 似合う?」
「……なんだそれ」
「なにってサンタだよ! 去年はガソリンスタンドだったから今年は気合い入れてみました!
 ね、かわいい? かわいい? ちゃんとゆーくんの要望に応えてミニスカだよ!」
「べつに要望した覚えないけど」
「そして今日はしっかりローストビーフを頼んであるんだよ! すっごい美味しいとこのやつ!
 すごいでしょ! 準備万端!」
「……頼んだ?」
「うん! あこ上手く作れないから、クリスマスにまずい料理じゃゆーくんがかわいそうだと思って。
 今日だけは、ちょっと贅沢してもいいかなって!」
「はあ? バカじゃねえのかお前」
「へっ?」
「せっかくそんな格好してんのになんでお前が料理しねえんだよ。
 今日何の日だと思ってんだお前。マジでわかってねえこのバカ」
「せ、せっかく……?」
「いいからなんか作れ。台所に立て。何のためにそんな格好してんだよ、ほんっとわかってねえお前」
「え、えと、どういうことか全然わかんないけどじゃあサラダでも作るよ!」
「あと、べつにまずくない」
「え」
「お前の料理。最初の頃はひどかったけど」
「へ……」
「だからとりあえず料理、」
「ちょ、あああの、ゆーくん! ゆーくん!」
「なんだよ」
「とりあえず料理は後回しで!」
「はあ?」
「その前にいちゃいちゃしよう! らぶらぶしよう! クリスマスらしく! ね!」
「うわ! だからお前いきなり押し倒してくんなっつってんだろ!」

***

(王子様)

「由季子由季子ー、知ってるか、今日クリスマスだぞ!」
「そんな大声で言われなくても知ってます」
「どっか遊び行こうぜ! どうせなにも予定なくて暇だろ由季子は!」
「なんで断定してるのかわかんないけど、暇じゃないから遊びません」
「え、だって南は今日西村とデートだろ。それなら由季子が遊ぶ相手なんて他にいないだろ」
「……さらっと傷抉るよね、安東くんって」
「ちょうどいいことに俺も暇だし、これはふたりで遊ぶしかないだろ! な!」
「遊びません。べつにひーちゃんが忙しくても、遊ぶ相手なら他にいます」
「またまたー。由季子にはいないだろそんな相手」
「ほんと失礼だよね安東くんて」
「だって俺ちゃんと観察してるし。由季子の周りにそういうやつがいないか」
「……観察?」
「そう。由季子のこと狙ってるやつとか、由季子と必要以上に仲良くなってるやつとか。
 ちゃんと毎日観察と聞き込みして、変な虫がつかないよう見張ってるからな、俺が!」
「そろそろ訴えるよ、安東くん」

***

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL